総量規制をオーバーしそうなときは銀行カードローンがおすすめ

カードローンをすでにある程度の金額まで利用してる状態で、さらに追加の借り入れをしたい事情があるときは、総量規制対象外となる銀行のカードローンを利用するのがおすすめの方法です。

消費者金融のサービスは総量規制という決まりがありますので年収の3分の1以上の借り入れをすることができません。すでにまとまった金額の借り入れがあり、新たな借り入れをすることで年収の3分の1をオーバーしてしまう場合はその時点で審査に落ちてしまいます。

この総量規制の計算に入れられるローン残高には、カードローンの残高のほかにクレジットカードキャッシングの利用分も含まれますので注意しましょう。

銀行カードローンを利用する場合は消費者金融と比較すると若干審査が厳しめとなりますのでその点にも注意が必要ですが、過去の借り入れ履歴で長期間の延滞などをした記録が残っておらず、本人に安定した収入があれば既に他社利用があっても審査に合格できる場合があります。

 

連休の家族サービスは土日の受付可否をチェック

連休などのタイミングでは、とかく出費も重なる傾向があります。なぜなら土日などでは、ショッピングに関する問題が浮上するからです。

多くの方々は、連休中には家族サービスなどを行う傾向があります。ただそれを行うとなると、様々な物品調達も必要になる訳です。時には家族の為に、何か玩具などを購入してあげたいと思う事もあるでしょう。それで手持ち資金が足りないケースは、よくあります。

そういう時には、お金を借りる選択肢が浮上する訳です。現に賃金業者などでは、日曜日などでも申込を受付ています。

借りる以上はやはり契約手続きは必要です。それで業者によって営業曜日などは異なる訳です。銀行などでは日曜日は完全クローズになるケースも目立ちますね。しかし賃金業者ならばオープンしているケースも多いですから、家族サービス目的で借りるとなると主にhttp://即日融資-お金を借りる.com/による賃金業者を利用する事になるでしょう。

なお最近では口コミサイトなどで、各社の営業曜日も比べやすくなっていますから、チェックしてみると良いですね。

 

予定日までに簡易的に入金しておく

現金を口座に入れておきたいと思う事があります。とりわけキャッシュカード口座に対して、簡易的に入金したいと思うケースがあるのです。

なぜなら、出金される予定があるからです。そもそも人々は、公共料金などを支払う為に、銀行口座から自動引き落としされるシステムを活用する事もあるでしょう。もちろんそれは、予定日などは決まっています。

ところが予定日になった時に、ちょっとお金が不足すると想定されるケースもある訳です。例えば予定日に、1万円が引き落としされる状況だとします。それで現在残高が、数千円という事もあるでしょう。それでは、もちろん数千円ほど不足してしまう事になります。一歩間違えばライフラインが止められる可能性もあるでしょう

それを防ぐ為に、しばしばクレジット商品が活用される訳です。ちょっと借金をして、キャッシュカード口座に入金しておく訳ですね。もちろんそれなら、ライフライン停止を回避する事ができます。したがって電気が止められる事が心配な時などは、ちょっとクレジットも併用すると良いでしょう。